超絶駄的コメンタリー

どうしようもないつまらない事の吐き溜め場です。気が向いたら見て下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヴァイスの元パワー査定

こんちわ鵢崎です。課題に追われています。昨日夜更かしして年賀状描いたばっかりなのに………

今日は部活があり、帰りは久しぶりのチャリでした。チャリで帰ってる時というのば、自分の中で最も思考、想像力が働く時間です。
そんな時間を今日はヴァイスのキャラの元パワー査定の公式について考えてました。

キャラのパワー=4000+レベル×2500+コスト×1500(+マイナス効果査定)−トリガー×1000−ソウル×1000−効果査定

全てのキャラのパワーはこれで求められるんですね〜。結構簡単ですね。理論上3.9 トリガーソウル無しでパワー2800が最高となります。すごいですね。

上の公式を用いてこんな効果を考えてみました

1.1 7500 炎王龍テオ・テスカトル
《古龍》《モンスター》トリガー、ソウルなし

【自】このカードがバトル相手を【リバース】した時、相手にxダメージを与える。xは(このカードのパワー−バトル相手のパワー)×1/500に等しい。

1.1 7000にソウルがない事によるパワー+1000−バーン効果の効果査定恐らく500。ソウルがないので普通にアタックしてもダメージを与えれません。しかし、効果によって、相手に比較的操作しやすいx点バーンを与える事が出来ます。弱点としては、あんまりパワー低いの刈っても点が通らない、チャンプにほぼ意味がない等。
しかし1.1 7000を狩ると1点バーン&ドラ乗れば効果と別に1点、という中々精度の高いダメージを与えていけます。

おっと、こんな事をしていてはいけない、レポートレポート。
それでは。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<定演 | ホーム | 迎春>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。